エレキ ギター ピックアップ。 エレキベースにエレキギターのピックアップを付けると・・・

エレキギターのピックアップの種類|仕組み・パッシブとアクティブ・音の特徴のまとめ

エレキ ギター ピックアップ

「いや、木の鳴りとかエレキには関係ないっしょ。 エレキギターはいろんな要素が組み合わさった楽器であり、だからこそ難しく、楽しいんですよ。 ピックアップ以外の要素 ギターの種類 こう言ってしまうと元も子もないですが、今のギターが気に入っていないのなら、本体を買い換えるのが一番効果的です。 「」という記事でも詳しく書いたんですが、筆者はもともと30万円くらいの高級レスポールを使っていました。 でも、音や弾き心地がどうしても気に入らなくて、のこれまた高級ピックアップに交換したり、とにかく試行錯誤を重ねました。 その結果どうなったかというと、「やっぱムリ」と思ってレスポールは売り払い、5万円くらいの中古の国産ストラトに落ち着きました。 値段やピックアップなんて関係なく、僕はそもそも「レスポール」というギターが好きじゃなかったわけです。 今のギターにある程度満足している• 目指す音の方向性が明確 冒頭にも書きましたが、こういう場合ならピックアップ交換を検討してもいいと思います。 今のギターにある程度満足している 何度も述べているように、ピックアップを交換しても「激変」はしません。 つまり、「あまり気に入ってないギター」を改造したところで、たぶん良い結果は出ないということです。 逆に、「それなりに満足だけど、あと一歩のギター」だったら、細かい調整で良くなる可能性はあります。 目指す音の方向性が明確 上の条件に加えて、「現状の音がどういう傾向で、それをどういう方向に音を変えたいのか」を把握している必要があります。 スマホを例に考えてみましょう。 いまのストラトは基本的には気に入ってる・・・。 でも、もともとビンテージ系のモデルだから、ちょっと音が繊細すぎるなあ。 もう少しモダンな音もほしいから、フロントだけに交換してみるか! これくらい具体的なビジョンを持っているなら、交換の価値はあるでしょう。 逆に、「よくわからんけど、PU交換で『激変』するらしいし、サウンドハウスで評価が高いやつでも載せてみるか!」みたいなやり方では、おそらく満足な結果にはならないはずです。 まとめ 要は「ピックアップなんてそんな重要じゃない」ということです。 エフェクターみたいに取っ替え引っ替え使えるものじゃないし、音の比較もしにくいのでコスパも悪いと思います。 いまのギターが気に入ってないなら、思い切って買い替えた方が時間・お金の節約になるかも・・・。

次の

エレキギターのピックアップおすすめは?現役ギタリストが特徴や音質を解説

エレキ ギター ピックアップ

ピックアップの大まかな仕組みと種類• マグネティックピックアップの仕組み• マグネティックピックアップの構造と細かい名称 目次• ピックアップ(PU)とは? エレキギターやエレクトリックアコースティックギター(エレアコ)には 『ピックアップ』と呼ばれる音を拾うマイクのようなパーツが取り付けられています。 ピックアップは正確には音を拾っているわけではなく 音(弦の振動)を電気信号に変換して出力するのがピックアップの重要な役割になります。 ピックアップは大きく分けると 『マグネティックピックアップ』と 『ピエゾピックアップ』に分かれます。 この2つの 違いは音から電気信号に変換する仕方が異なります。 マグネティックピックアップは 磁石を使って電気信号に、 ピエゾピックアップは ピエゾ素子と言う特殊な圧電素子を使って電気信号に変換しています。 今回はマグネティックピックアップを深く見ていきましょう! マグネティックピックアップの仕組み マグネティックピックアップの仕組みは『ポールピース』と言う磁石の部品が 目には見えない磁界を生み出しており、その 磁界を弦の振動が乱すことによって電流が生まれ音を電気信号に変換するという仕組み です。 最初はなにやらよくわからないと思いますので、もう少し詳しく見ていきましょう! マグネティックピックアップの種類 マグネティックピックアップには 『シングルコイルピックアップ』と 『ハムバッキングピックアップ(ハムバッカー)』の2種類に分かれます。 マグネティックピックアップの構造:~ポールピースとコイル~ 6個の銀の丸が『ポールピース』周りのエナメル線が『コイル』 マグネティックピックアップの 構造の中でも重要なのが『ポールピース』と『コイル』の2つです。 通常ギターについている状態では、頭の部分しか見えていないのでただの丸に見えますが、取り出してみると棒状になっています。 ポールピースは 永久磁石のため、目には見えない磁界を生み出しており、その 磁界を弦の振動が乱すことによって電流が生まれ音を電気信号に変換するのがピックアップの仕組みなのは最初にも説明しましたね! しかしここからが重要で、 磁界を乱すことができるのは、 磁性体(磁石にくっつくもの)による振動です。 エレキ弦には アコギ弦とは違い『ニッケル』と言う磁石に反応する成分が多く含まれています。 そのためエレキギターにアコギ弦を張っても、磁性体の含まれていないアコギ弦ではピックアップが音を拾うことができないのです。 アコギ弦同様にエレキギターの弦を ただの紐などに変えてみると、ピックアップは音を拾わないため、 エレキギターとしての使用はできなくなってしまいます。 【ポールピースの名前の由来】~知ってると驚かれる豆知識~• 難しい話になりますが、ピックアップの上面に出ている ポールピースの磁極(NとかSとか)はどちらか片方になります。 片方に磁気しか帯びていないものを『モノポール(磁気単極体)』と呼びます。 さらに極点(片方の磁極の場所)を『ポール』とも呼ぶのでここから『ポールピース』と呼ばれるようになったと言われています。 【+の与太話】• 地球にも『ポール』があります。 それは南極(S)と北極(N)です。 我々の住む地球には 『ポールシフト』と呼ばれる南極と北極の磁極(NとS)が入れ替わる現象が起こるのです。 今起こると 南極が(N)に北極が(S)に。 過去に11回起きていて地球全体んの時期が乱れるため、大変危険と言われています。 普段はボディの中に埋まっていますし、取り出しても コイルの周りには布やテープが(アセテート)してある場合が多いのでなかなか見る機会は少ないと思います。 (ちなみにはハムバッカーの片方を分解してテープまではがしたものです。 ) コイルの 材質はエナメル線です。 これを 数千~1万回程度ぐるぐる巻きつけてコイルになります。 コイルの巻数、太さ、材質によっても生み出される音は大きく変わってくるのです。 ちなみに 製作工場では1秒間に4000回くらい巻ける機械を使ってコイルが作られています。 なので、およそ 2秒くらいで1つのコイルが完成します。 ~コイルと音の関係~ コイルの巻き数を増やせば、 出力(音のパワー)が増幅しますがノイズ(雑音)を拾いやすくなってしまい、 コイルの巻き数を減らせば、 出力は下がりますが、ノイズには強くなります。 また 巻き数が同じ場合は、縦長に巻かれたコイルの方が高音が強調され、 平べったいほど低音が強調されます。 【コイルに欠かせない含侵(ポッシング)】~知ってると驚かれる豆知識~• ピックアップにコイルをただ巻いただけでは、コイルそのものが振動してしまいハウリングやノイズの原因になります。 そのため コイルはワックスを染み込ませて固めてあるのが普通です。 この作業を 『含侵(がんしん)』又は 『ポッシング』と言います。 数千回巻かれたコイルにワックスを染み込ませる(含侵)のは難しく、工場では真空にして染み込みやすくしています。 これは真空にする際中に、内部の空気がどんどん吸い出されていくため効率よく浸透しやすくなります。 ボビンの中心にはポールピースが通っており、ポールピースに直接コイルを巻くのではなくボビンに巻いてあります。 これは物によってあったりなかったりします。 ピックアップをピックガード裏や本体に固定する時に台座プレートにネジを差して固定します。 このマグネットがポールピースと触れていることでポールピースは磁力を帯びているのです。 アルニコや フェライトと言った種類のマグネットが使われています。 そこの 穴埋めのために入っているパーツです。 ピックアップカバー(シングルコイルピックアップ) マグネティックピックアップのまとめ• ピックアップは『マグネティックピックアップ』と『ピエゾピックアップ』に分かれる• マグネティックピックアップの仕組みは、磁石の磁界を乱されることで電流を生み電気信号に変換する仕組み• ポールピースとコイルがピックアップの構造の心臓部に当たりこの2つ次第で音も変化する ご覧いただきありがとうございました。

次の

エレキギターのピックアップ使い分け問題!!リアとフロントの音の違いや特徴を解説するぞ!!【初心者必見】

エレキ ギター ピックアップ

「あなたのエレキギターのピックアップ、高さ調整されていますか?」 ギタリストの頭を悩ませる音作りをギター本体を調整することで解決しようという試み、エレキギターの調整〜ピックアップ編〜です。 エレキギター本体の調整である程度サウンドの傾向を決められれば、どんなギターアンプを使用したときも自分好みの方向性で音作りを行うことができるメリットがあります。 中でもピックアップの調整はエレキギターの出力やサウンドにかなり大きな影響を与えます。 必要な工具もドライバー1本でお手軽に調整可能です。 端から目盛りが刻まれている定規もあると便利です。 弦とピックアップを近づければ、ピックアップからの出力が上がります。 サウンドの傾向としては輪郭のしっかりとしたブライトなトーンになります。 逆に遠ざけると、出力は下がり、ウォームなトーンになります。 ピックアップは磁石、ギター弦は磁石に反応する金属なので、ピックアップと弦を近づけすぎると磁力により弦がピックアップに吸い寄せられ、正常なトーンで出力できなくなるため注意が必要です。 特に高出力なシングルコイルでは、コイル自体の磁力が強いためにシビアに調整する必要があります。 また、磁力の干渉を受けなくても、弦振動で弦がピックアップに当たってしまうようなセッティングは避けましょう。 逆に遠ざけすぎると、ピックアップの高さ調整ネジが完全に抜けてしまったり、ピックアップキャビティーにピックアップが触れてしまったりします。 よほど遠ざけるセッティングにしない限り陥らないですが、こちらにも注意しましょう。 実践する際には自己責任でお願いいたします。 弦とピックアップの距離の基準 ストラトキャスターなどのシングルコイルピックアップ搭載ギターの場合、最終フレットを押さえた時に弦とリアピックアップのポールピースの感覚が1弦側で1. 6mm〜2. 8mm位、6弦側で2. 0mm〜3. 2mm位が大体の基準になっています。 レスポールなどのハムバッカーピックアップ搭載ギターの場合、最終フレットを押さえた時に弦とリアピックアップのポールピースの感覚が1弦側で1. 4mm〜2. 4mm位、6弦側で1. 6mm〜2. 6mm位がおおまかな基準になっています。 1mm程度の幅の中で調整を行なっていくのですが、この1mmがギターサウンドにとって、とてつもなく大きな影響力を持っています。 ちなみに、身近なところでは10円玉の厚みが約1. 5mm、500円玉で約1. 8mmです。 また、世の中にはString Action Rulerという便利なアイテムもあります。 ピックアップの高さ調整だけでなく、弦高調整などにも役にたちます。 シングルコイルピックアップはポールピース自体が磁石になっているため、弦とある程度感覚を開けてセッティングを行いますが、ハムバッカーピックアップでは、ポールピースそのものは磁石ではなく、底面に磁石が張り付いている構造のため、より弦に近づけたセッティングが可能です。 アクティブタイプのピックアップは本体の磁力が非常に弱いため、パッシブタイプのピックアップよりも弦に近づけたセッティングを行うことが可能です。 EMGのハムバッカーなどは弦により近づけることで大出力と独特のコンプ感を得ることが可能です。 ピックアップの高さ調整を行う前に ピックアップは弦の振動を拾う構造であるために、高さ調整では弦との間隔を調整します。 そのため、ピックアップの高さを調整する前に、弦高調整、ネック調整、トレモロ調整、ブリッジ調整など、弦高や生音のサウンドが変わる可能性のある調整を先に行ってからでないと正確に調整することができません。 それらの調整を先に行ってからピックアップの高さを調整しましょう。 あと、大切なことですが、作業前には必ず弦を張り替えて新しい弦でピックアップの調整をしましょう。 古い弦では正確な調整を行うことができません。 ピックアップの高さ調整の方法 実際にピックアップの高さを調整する前に現在の最終フレット押弦時の各ピックアップと弦の距離を測って、メモを取っておきます。 これを怠ると元の状態に復帰できなくなってしまうので注意しましょう。 このメモがあれば、調整をミスって気に入らないサウンドになってしまった際に元のサウンドに戻すことが可能です。 ちなみに、ピックアップの高さは上の画像でドライバーが当たっているネジを回すことで調整可能です。 ネジを締める方向=時計回りに回すとピックアップが高く、ネジを緩める方向=反時計回りに回すとピックアップが低くなります。 ギブソンのギターでは高さ調整ネジはマイナスドライバーで回すようになっています。 実はこのギブソンのエスカッションネジはピックなんかでも簡単に回ってしまったりします。 リアピックアップの高さ調整 メモを取り終わったら、リアピックアップから高さを調整して行きます。 現代のエレキギターサウンドでは、リアピックアップを使用したサウンドの使用頻度が高いため、ここではリアピックアップから調整を開始しますが、JAZZギターなどフロントピックアップを多用するプレイヤーの場合はフロントピックアップから調整した方が良い結果に繋がる場合もあります。 ピックアップセレクターでリアピックアップを選択し、ヘッドホンやギターアンプなどからクリーントーンを出しながら、前項の基準値に一旦合わせます。 この状態から、色々なサウンドを確かめながら好みの位置を探していきます。 弦に近づける方向に調整する場合、前述の磁力による影響に気をつけましょう。 具体的にはサスティーンが短くなったり、音程が正確に出なかったり、音程や音自体が揺らいだりする場合、弦が磁力の影響を受けています。 ポールピースの高さ調整 ハムバッカータイプでポールピースの高さが調整できるピックアップが搭載されている場合、ここから各弦ごとの音量バランスを取っていきます。 クリーントーンで各弦がフラットになる状態に調整するのもよいですし、指板のRに沿わせたり、スタッガードポールピースのように、3、4弦を高めに設定するなど色々試して気持ちいいところを見つけましょう。 私は、現在ポールピースは見た目でフラットな状態のまま使用しています。 シングルコイルでもフラットポールピースのサウンドの方が低音弦の音が前に出てくるため、好みだったりします。 これでリアピックアップの高さ調整は終了です。 フロントピックアップの高さ調整 続いてフロントピックアップの高さ調整に入ります。 フロントピックアップもリアピックアップ同様、あらかじめ基準値位にざっくりと調整をしておきます。 コンプレッサーのかかっていないクリーントーンで音を出しながら、ピックアップセレクターでリアピックアップとフロントピックアップを切り替えた際に、音量が変わらずに、音質のみが変化するポイントに調整します。 結果としてピックアップの高さはリアよりも大分低くなっているのではないでしょうか。 フロントピックアップはリアピックアップに比べて弦振動の中点に近いため、弦の振幅が大きい場所で音を拾っています。 振幅=音量が大きい地点でピックアップしているために、音量が大きく拾えるので、結果としてリアピックアップよりも低い状態にセッティングがなされるはずです。 SSH配列のギターや、別シリーズのピックアップが混在してマウントされているなど、一部のギターではこの法則が当てはまらない場合もありますが、ほとんどのギターで当てはまります。 フロントピックアップも色々なサウンドを出しながら微調整していきましょう。 ウォームさを強調するため、若干低くセッティングをしたり、逆にソロ専用としてパワーを稼ぐため若干高めに設定したり、セッティングも様々です。 2ピックアップのギターで、ハーフトーンを使用する場合は、ハーフトーンのサウンドも確認して調整していきましょう。 また、可動式ポールピースのピックアップでは各ポールピースの高さも調整しましょう。 センターピックアップの高さ調整 3ピックアップのギターの場合、ここからセンターピックアップを調整していきます。 クリーントーンでフロント、リアのピックアップと切り替えながら音量合わせを行うと、多くの場合、リアとフロントの中間くらいの高さになるのではないでしょうか。 センターピックアップの調整はプレイヤーの個性が一番目立つところです。 ハーフトーンが一番綺麗に出る高さに調整する方もいれば、ピッキングの邪魔にならないように下げ切って使用する方もいます。 あまり高い位置に調整しすぎると、磁力の影響を受けやすくなるだけでなく、弾く時にピックが引っかかってしまったり、フロント+センターのハーフトーンとリア+センターのハーフトーンの差があまり出なくなってしまったりします。 ちなみに私はセンターピックアップを単体で使用することはなく、ハーフトーン時の補助ピックアップと割り切って、かなり低めにセッティングしています。 それでも弾いている時にピックアップがガツガツ当たっていますが、仕方のないことだと割り切っています。 全てのピックアップの高さが決まったら、それぞれ最終フレット押弦時の弦との間隔をメモしておきます。 このメモがあれば、再調整をする際や、ピックアップ交換の際、弦高を調整した際などに役にたちます。 ダイレクトマウントピックアップの高さ調整方法 ピックアップがダイレクトマウントされているエレキギターは、エスカッションマウントや、ピックガードマウントと比べて、ピックアップ自体が不要な振動をしないため、芯のあるサウンドが魅力です。 しかし、ダイレクトマウントピックアップはピックアップがボディに直接ネジ止めされているため、通常の方法では高さの調整ができません。 止めネジを緩めると、ピックアップがカタカタと動いてしまいます。 ダイレクトマウントピックアップの高さを調整するには、一旦ピックアップを外して、ピックアップの底面に高反発ウレタンなどを挟んだり、ネジ止めするベースに端材や専用のスプリングを挟み込んだりする必要があります。 スプリングで高さの調整をすると、せっかくのダイレクトマウントの持ち味が活かせないため、ウレタンで調整するのがおすすめです。 厳密にはウレタンを挟んだ段階で、クッションが効いてしまうので、純粋なダイレクトマウントサウンドは得られなくなってしまいますが、高さが合わないピックアップを使用するよりはサウンドは向上するはずです。 適度な反発力のウレタンを使用することで、ある程度の範囲でピックアップの高さ調整が可能になります。 一旦調整してから時間が経つとウレタンの反発力、復元力が弱まるため、現在よりも高い位置に調整したい場合はあたらしいウレタンに交換しましょう。 また、ウレタンなどを挟んで高さを調整する場合、高さ調整ネジを回す方向が通常のピックアップネジと逆になります。 例えば、時計回りに回して行くと低くなっていきます。 あまりに締め込んで行くと、ボディのマウントネジ穴付近にダメージを与えてしまうので注意しましょう。 ちなみに、Ibanezの最上位グレードj. customのダイレクトマウントモデルでも、ウレタンスポンジを両面テープでピックアップ裏に貼り付けた状態でマウントされています。 出荷時にはフロントピックアップがやや低めの上品なセッティングになっていたため、調整しようとして発見しました。 調整前後にはメモを取っておく!• 高さ調整は少しずつ!• 色々なトーンを確認しながら! 最後に エレキギターのマグネットピックアップの高さ調整、いかがだったでしょうか? 高級ギターに高品位なピックアップをマウントしても、肝心の高さ調整がいい加減な状態だと良いサウンドは絶対に出てきません。 逆に、それなりの価格帯の楽器でも、ピックアップの高さを含め、各種調整が行き届いていれば、高級品と比べても引けを取らないサウンドを繰り出すことができます。 好みの調整を見つけることで、別のギターに持ち替えたときなどに早い段階で調整を行い、ベストなコンティションで使用することができるので、ピックアップの高さを測るだけでも参考にしてみてください。 当ブログのFacebookページです。 少しでも皆様のお役に立てたら「いいね!」していただけると歓喜します。 名前:ZAL ざると読みます お仕事:フリーランス音響エンジニア、 作編曲家、ギタリスト、たまにDJ 基本的に音楽関係なんでも屋さん 趣味:最近もゲーム 当ブログでは、プロの音響エンジニアならではの視点で 解説やレビューをしています。 ブログ開設から2年経ち、今では月間に5万PVほどの アクセスを頂いております。 エレキギター内部の配線やパーツにも明るく、 内部配線やパーツの選定によって狙ったサウンドを 作ることも得意としています。 お問い合わせは からお願いいたします。

次の