コウノドリ 14 歳 の 母。 コウノドリ:傑作選で“14歳の母”再放送 視聴者「神回!」 号泣、感…

コウノドリ 5話感想 14歳妊娠 男の子はテラスハウスの望月歩君

コウノドリ 14 歳 の 母

あらすじ 周産期母子医療センターのセンター長・今橋 大森南朋 のもとへ、"NPO法人ツグミの会"の代表者が訪れた。 ツグミの会は特別養子縁組をサポートする会。 中絶や虐待、産み捨てから、より多くの赤ちゃんを守るため、ペルソナ総合医療センターの協力を得たいとの要望だ。 そんな折、院長・大澤 浅野和之 の紹介で、中学2年生の少女・玲奈 山口まゆ が、母親に連れられてサクラ 綾野剛 の診察を受ける。 玲奈は妊娠8カ月。 すでに堕胎できない状況の玲奈にサクラは、若い年齢での出産について丁寧に説明しようとするが、本人はまるで他人事。 自分が母親になるという覚悟もなければ、新しい命が宿っている自覚すらない様子。 お腹の子の父親・亮 望月歩 も同級生で、今後のことを両家の親が話し合ったというが、赤ちゃんを誰が育てるのか決まらないままだ。 一方、サクラは懐かしい人と偶然の再会を果たす。 スタッフ・作品情報 視聴時間: 01:00:33 都内のとあるライブハウスでは、謎の天才ピアニストBABY 綾野剛 がライブ演奏中。 客席は一杯なのに、開演10分でライブは終了してしまう。 実はBABYの正体は、ペルソナ総合医療センターの産婦人科医・鴻鳥 こうのとり サクラ。 救急車から妊婦の受け入れ要請の連絡が入ってとまどう新米産婦人科医の下屋加江 松岡茉優 が、電話でサクラを呼び出していたのだ。 受け入れ要請の妊婦・夏希 清水富美加 は産科検診を受けず、妊娠週数も不明の「未受診妊婦」だった。 未受診妊婦はリスクが高すぎる。 万一、感染症などがあれば、医療スタッフにとっても他の患者にとっても極めて危険な患者となる。 しかし、「未受診なのは母親のせいで、お腹の赤ちゃんに罪はない」と、サクラは新生児科にも受け入れ体制を組むように要請する。 視聴時間: 47:01 産婦人科医の鴻鳥サクラ 綾野剛 、四宮春樹 星野源 をはじめ、新生児科医の今橋貴之 大森南朋 らが参加する周産期母子医療センターの合同カンファレンス中に、救命救急医の加瀬宏 平山祐介 が飛び込んできた。 交通事故に遭った臨月を間近に控える妊婦が5分後に運ばれてくるという。 運ばれてきた妊婦・永井晴美 川村ゆきえ は、頭部の外傷がひどく意識不明の状態だが、胎児の心音に異常はない。 サクラは赤ちゃんが元気なうちに帝王切開に持ち込むことを提案するが、救命救急の加瀬は出産させることで母体の容態が急変するかもしれないと懸念。 サクラの提案を跳ね除ける。 そこへ駆けつけた晴美の夫・浩之 小栗旬 は、加瀬から晴美の容態の説明を受けるが、あまりに突然のことで事態が飲みこめない。 ICUにいる晴美の姿を見て呆然と立ち尽くす浩之。 サクラは晴美とお腹の赤ちゃんの状況を冷静に説明し、浩之にある過酷な選択を迫る。 視聴時間: 47:01 鴻鳥サクラ 綾野剛 は、10年前出産に立ち会った瀬戸加奈子 石田ひかり と、そのとき生まれた娘・遙香 山田望叶 に再会する。 遙香は、ピアノを弾くのが大好きな笑顔の可愛い少女に成長しているが、加奈子が妊娠中にかかった風しんの影響で白内障を患い目が不自由。 遙香には、風しんの予防接種を啓蒙するためのテレビ出演依頼が来ているが、加奈子は消極的だった。 一方、ペルソナ総合医療センター近くでは、妊婦の木村法子 山田真歩 が喫煙中、激痛に襲われる。 通りかかった四宮春樹 星野源 によって救急搬送されるが、子宮から胎盤がはがれてしまう"胎盤早期剥離"で、母子ともに危険な状態だ。 緊急の帝王切開が余儀なくされる中、四宮には、法子と重なるある妊婦の手術の記憶がよみがえる。 四宮の過去を知るサクラは、その手術に立ち会うが・・・。 視聴時間: 47:01 妊娠21週1日の妊婦・田中陽子 河井青葉 が、夫の淳 和田正人 に抱きかかえられてやって来た。 異変を感じて病院へ来る途中に破水し、流産しかかっている危険な状態だ。 前日の健診でお腹の張りを訴える陽子に、担当医の下屋加江 松岡茉優 は問題ないと帰したばかり。 鴻鳥サクラ 綾野剛 が切迫流産は予測が難しいこと、赤ちゃんがとても危険な状態なことを説明すると、あまりの厳しい状況に夫婦はぼう然。 そんな2人に、サクラはある過酷な選択を委ねる。 一方、患者への説明ができなかった下屋は、苦しい決断を迫る役までサクラにさせてしまったと、医師としての自分の不甲斐なさに落ち込んでいた。 さらに、新任の新生児科医・新井恵美 山口紗弥加 からは、産科と新生児科の合同カンファレンス中に厳しく反論され、下屋は産婦人科医として壁にぶつかる。 視聴時間: 47:01 周産期母子医療センターのセンター長・今橋 大森南朋 のもとへ、"NPO法人ツグミの会"の代表者が訪れた。 ツグミの会は特別養子縁組をサポートする会。 中絶や虐待、産み捨てから、より多くの赤ちゃんを守るため、ペルソナ総合医療センターの協力を得たいとの要望だ。 そんな折、院長・大澤 浅野和之 の紹介で、中学2年生の少女・玲奈 山口まゆ が、母親に連れられてサクラ 綾野剛 の診察を受ける。 玲奈は妊娠8カ月。 すでに堕胎できない状況の玲奈にサクラは、若い年齢での出産について丁寧に説明しようとするが、本人はまるで他人事。 自分が母親になるという覚悟もなければ、新しい命が宿っている自覚すらない様子。 お腹の子の父親・亮 望月歩 も同級生で、今後のことを両家の親が話し合ったというが、赤ちゃんを誰が育てるのか決まらないままだ。 一方、サクラは懐かしい人と偶然の再会を果たす。 視聴時間: 47:01 腹痛と出血を訴えた妊娠31週の妊婦が運ばれてきた。 すぐに緊急開腹手術を行うが、子宮破裂を起こしていたため子宮は全摘、赤ちゃんも助からなかった。 妊婦は43歳。 2年間の不妊治療を経ての妊娠だった。 サクラ 綾野剛 が診察する妊婦・竹下敦子 森口瑤子 も43歳。 5年間の不妊治療の末、無事に妊娠し臨月を迎えたが、妊娠高血圧症候群が懸念され、大事をみて入院することに。 そんなある夜、サクラのもとへ6カ月になる娘の芽依を抱えた永井浩之 小栗旬 が飛び込んでくる。 浩之が保育園から芽依を連れて職場に戻り、仕事に没頭しているうちに急に発熱したという。 浩之は男手一つで芽依を育て、懸命に父親になろうと奮闘していた。 そして、管理入院中の敦子が帝王切開で出産することに。 手術へのバックアップ体制は万全だが、手術中の母体に予期せぬ事態が生じる。 視聴時間: 47:01 助産院での自然分娩こそが赤ちゃんにとって1番の幸せだと信じて疑わない妊婦・森亜沙子 南沢奈央 は、出産への意識がとても高い妊婦。 しかし、助産院での出産への思いが強すぎるのか、病院の産科を毛嫌いする一面も。 一方、陣痛の痛みに耐えられない妊婦・山田郁美 足立梨花 は、助産師が主導で進められる正常なお産にも関わらず、サクラ 綾野剛 に対して「産科医なのになぜ何もしてくれないのか」と叫ぶ。 そんな郁美に対しても、助産師の小松 吉田羊 は力強く手を握って励まし続ける。 不安でいっぱいな初産の妊婦には寄り添う時間を増やしたいが、病院ではそれが叶わない。 実は助産院を開業した同期から引き抜きを受けていると、小松はサクラと下屋 松岡末優 に告げる。 そんな折、小松と四宮 星野源 が言い争う事態に。 産科医のいない助産院で出産することに否定的な考えを持つ四宮に対して、小松には助産院にある特別な思いがあるようで・・・。 視聴時間: 47:01 サクラ 綾野剛 が診察する妊婦・川村実咲 中村ゆり は、順調に37週を迎えているにもかかわらず、お腹の赤ちゃんが動くたびに苦しいと吐露する。 実咲は2年前、妊娠20週で赤ちゃんが無脳症だと判明し、妊娠継続を諦め死産していた。 今度の妊娠は嬉しいけれど、まだ最初の赤ちゃんのことを乗り越えられないと言うのだ。 一方、初めての妊娠で幸せいっぱいの妊婦・土屋マキ 谷村美月 は、四宮 星野源 の診察でお腹の赤ちゃんが口唇口蓋裂であると告げられる。 四宮は手術をすれば治る疾患だと簡単に説明するが、マキはあまりのショックに夫の昌和 森岡龍 の前で泣き崩れてしまう。 結局、夫に付き添われて再院したマキにサクラが丁寧に説明するものの、2人はなかなか受け入れられない。 そんな夫婦に対して新生児科の白川 坂口健太郎 は、「大げさに騒ぎすぎでは? 」とぽつりと言い・・・。 視聴時間: 46:47 四宮 星野源 が6年間見守り続けてきた、つぼみの容体が急変した。 サクラ 綾野剛 をはじめ同僚たちもつぼみの病室に急いで向かうが・・・。 ある日、23週で切迫早産になった妊婦・小泉明子 酒井美紀 が救急搬送されて来る。 産科と新生児科のチーム医療の協力で、小さな赤ちゃんが誕生するが、明子も夫の大介 吉沢悠 も、いくつもの管につながれた小さなわが子の姿に息をのむ。 新生児科医の新井 山口紗弥加 からの説明で、赤ちゃんの状況とこれからのリスクの過酷な状況に、大介はなぜ助けたのかと新井を責め立てる。 一方、不妊治療の甲斐あって妊娠した相沢美雪 西田尚美 は出生前診断をするか迷っていることをサクラに打ち明ける。 妊娠は嬉しいが、38歳という年齢での出産に、生まれてくる赤ちゃんに異常がないか気になっているという。 そこには、サクラの亡き母について新たに分かったことがあると記されていた。 そんな折、シングルファザーの浩之 小栗旬 は、仕事と育児の両立に限界を感じ、娘の芽依を田舎の母親に預け仕事を優先させるつもりだとサクラに打ち明ける。 また、不妊治療を経て無事に妊娠した相沢美雪 西田尚美 は、出版社で働く記者。 周産期医療の密着取材を院長の大澤 浅野和之 から許可を得るが、実は別の思惑があるようだった。 一方、先天性の疾患を持って生まれたわが子を受け入れられない母親・森口亮子 奥貫薫 に、今橋 大森南朋 は赤ちゃんに会っていかないかと声をかける。 次第に心を開く亮子だったが、夫の武史 戸田昌宏 はかたくなに会うことを拒否。 そこには武史なりのわが子への想いがあるのだが・・・。 そして美雪の取材中に、出産直前で入院中の妊婦・飯塚律子 木南晴夏 が突然、心肺停止の状態になる。 終了している場合はご了承下さい。

次の

14才の母

コウノドリ 14 歳 の 母

ドラマ透明なゆりかごの5話見ましたけど、あの14歳の母親の話は美化しすぎですよ? 志田未来のドラマでもありましたけど、北野真理という少女は男に逃げられてるのに夢みすぎだし、産んだ後のことを考えられず産むの一点張りだし、なんかなーという思いでした。 ドラマ見てて、結局産んでから産後ウツのような状態になってるし(あれは母が死んだこともあって)、コウノドリでもこんなのあったなー(高橋メアリージュンの演じた役で)とか、コウノドリのドラマでは産んですぐ他の人に養子縁組されて引き離されるので、今日のこれは美化すぎかなと。 子供は父親の実家に預けたっけ? あとあの成長した子供がまじ口悪いただのガキでさーーー! あと出産シーンが本当に痛々しくてまじで怖くなった。 アラフォーの自分でも。 中学生が出産するとあんな描写になるんですか?コウノドリの山口まゆもそうだったけど。。 この物語の一つのテーマに、「幼い母性」というのがありそうです。 第二回の、こっそり子どもを産んで産院に捨てた女子高生の話もそうでした。 心は幼くても、母性は芽生えるものだということなのでしょう。 ですから、画面では十四歳の母親が一人で奮闘しているように描写されていましたが、母親が生きている時には同じ屋根の下に母親が居ましたし、死後もそれなりに女手の助けがある家に引き取られていた(女手が不要ならば、父親の家で良かったはずですので)ということでしょう。 この話を医学部に進学した友人に話したところ、「息み方を間違えたのだろう」と言っていました。 すっと返事が帰って来たところをみると、出産時のこういう事故は珍しくないものなのだろうと思います。 その後そのいとこは、第二子を出産しています。 叔父(いとこの父親)は妊娠を知った時、いとこに対しても、いとこの夫に対しても大そう腹を立てていたようですが、いとこが説得したんでしょうね。 結局、第二子を無事出産しました。 もちろん、第二子は帝王切開だったということです。 女性が子どもを産むという営みは、命がけの仕事なんですよ。 いつの時代になっても。 でも私は、最後まで観続けるつもりです。 「コウノドリ」以上の感動を、毎回感じていますので。 まあ14歳で産んで育てるには 親(出産した母の親)が経済的に安定していて、母子共に親と同居して 親の協力の下育てるなら、可能ですね。 現実には14歳とか若年で出産する子は家庭環境が 悪いことが想像出来ますが、生活保護家庭や親(出産した母の親)が 精神疾患があったり、再婚家庭の連れ子である場合もあるので、 親の協力の下育ててというのも中々難しい所ではありますが 不可能ではなく、生活保護だったら、子供が産まれたら、 その分加算されるので、一応はやっていけます。 でも、幾ら福祉に助けられ経済的に出来ても、 「親」として子供を育てるのに、精神的に無理が掛かり、 結局、乳児院に預けたり養育里親に預ける場合もあります。 そして、そのまま預けっぱなしになる位なら 最初から「特別養子縁組」に出す。 という方法もあります。 ドラマは、良かったですよ。 自分の娘には、14歳で産んでもらいたくないけど 子どもが産まれて、娘が自分で育てられない状態であれば 娘の親として、孫を育てる協力は全力でするつもりです。 *過去、16歳程度で出産した方を3名知ってますが、そのうち2名は 相手が18歳になって結婚し、離婚せず各10年と20年位経ってます。 一組は、親と同居し協力の下、最初育てて、もう一組は親も生活保護 世帯だったらしく、最初の頃は生活保護?だったらしいが、 今はご主人が働いて生活保護も受けてません。 残り、1人は産んだ後、親が養子縁組して建前的(戸籍) 年の離れた姉妹として暮らしてるらしいが、こちらはその後付き合い ないのでどうなったか分かりません。 *実際は今回の話は、馬鹿な男・その男の子を産みたいとか 正気の沙汰ではないわと思いましたけどね。 現実には、そこまでおバカな女だと子供も育てられない。 5話は夜まで外出していて見逃しましたが、あり得ない話ではないです。 当方は子供がいますが、万が一妊娠した(させた)場合は責任をとってでも守ってあげたいです。 むしろ、昨日放送された6話は『中絶』がテーマだったので、出産経験がない質問者様には『社会問題』として見てもらいたかったです。 ヤンキー少女のほうは男に逃げられましたからね。 失礼ですが、もしご結婚されてない場合はリアルすぎるこのドラマよりかは『コウノドリ』の視聴をお薦めします。 『透明なゆりかご』は電子漫画を読んで頂いて気に入らなかったら削除すればいいと思います。 例え中学生であろうとなかろうと難産で出産するのは命が無くなりそうなレベルになります。 当方は帝王切開で出産したので、お腹を切られる痛みと出産後の縫合の痛み、更には後陣痛の痛みは半端なかったです。 でも、お腹から約7㎏のが出てきてスッキリしました。 臨月に近づくにつれて寝返りは打てないし、頻尿にはなるしでリスクは伴いましたが、今となっては良い思い出です  ̄ー ̄。 あなたが14歳の母親の話を美化しすぎと感じたならそうなんでしょう。 感じ方や捉え方は人それぞれですが、私自身は別の視点で観ていたのでそうは思いませんでした。 別の視点…それは「子を思う母の愛」です。 少女の母親は男子を産んだ娘に、母親としての務めを最優先しながらも学業に励み、将来的に母子が自立するための土台作りに専心するよう諭します。 そして娘が自分の立場を受け入れ、ポジティブに生きられるよう、時に厳しく突き放し、時に優しく包み込みながら娘の母親業を見守ります。 母親の本気の愛は自らの死後も娘を支え続けて、いつしか娘の息子に受け継がれます。 本気の愛は必ず相手に伝わり、他人の痛みがわかる、思い遣りがある人間に成長させます。 乳幼児虐待の悲劇があとを絶たない昨今、親の愛情の有無がどれほど子供の成育に影響を与えるかを改めて実感しました。

次の

コウノドリ2020(14歳の母)の見逃し動画の視聴方法|ネタバレあらすじと感想も

コウノドリ 14 歳 の 母

私は陣痛が弱くて、切開と吸引してホント死ぬかと思ったけど、生まれた我が子見たら痛みなんて飛んでったなぁ。。 中学2年生の少女・吉沢玲奈(山口まゆ)が妊娠したというストーリーでした。 相手の父親・元倉亮(望月歩)は玲奈の同級生で当事者二人がまだ中学生。 今後のことを両家の親が話し合いますが亮の父親は養育をする意思がなく、玲奈の母親・昌美(中島ひろ子)も持病があり子育てを十分に出来る環境ではありません。 しかし肝心の当事者である玲奈はどこか他人事のよう。 命が宿っていることに対する自覚が感じられません。 そういった状況から、鴻鳥先生(綾野剛)ら医師は養子縁組を検討。 養子縁組は子どもが欲しい親のためにあるのではなくあくまで子供の福祉のためにあるもの。 決して簡単なものではありませんが、それでも親になりたいという夫婦はいます。 最初は他人事のような態度だった玲奈もおなかの中の子供が大きくなりにつれ徐々に親としての自覚を持つようになりました。 ですが結局、赤ちゃんは養子に出すことを決意。 子どもの幸せを1番に考えたからこその決断でした。 ここで重要なのは決して逃げたわけではないということです。 14歳の母も養子縁組を希望する親も「親としての覚悟」をそれぞれ持った上での決断。 命を宿すことは何かを考えさせられますよね。 泣けるシーンはいくつもあるんですが、泣けると同時に考えさせられます。 「コウノドリ」は4月17日にも再放送があります。 17日はシーズン1の最終回。 5話も名作ですが、最終回も名作です。 …いや、「コウノドリ」自体が泣ける名作ですね。 物語はもちろん、キャスト、主題歌全てが評判となった名作は色褪せません。

次の