お寺 お参り の 仕方。 初詣など神社やお寺の参拝(お参り)の仕方!作法の手順や理由とおみくじの取扱

お寺参りの意味とは?お寺参りとは何か、解説いたします|終活ねっとのお坊さん

お寺 お参り の 仕方

それでは、お寺で参拝をする時に正しい作法というものはあるのでしょうか? 参拝は、仏様を敬いお参りをさせていただくという気持ちが一番大切なので、「こうしなくては叱られる」という強い決まりごとはありません。 しかし、お寺を参拝する際に仏様に失礼があってはなりません。 参拝についての基本的な手順や作法は、きちんと知っておきたいものです。 ここからは具体的に順を追って、 参拝の仕方の基本と注意事項を詳しくご紹介します。 参拝方法を順を追ってご紹介 では最初に、 寺院での参拝方法を順番にご説明します。 注意しておきたい点もいくつかありますので、気を付けてください。 実際にお寺を訪ねる、時の様子を思い浮かべながらお読みください。 山門で一礼 まず、お寺の玄関口にあたるのが山門です。 この山門からは仏様の世界となるため、心を鎮めて一礼してから山門をくぐります。 注意したいのは、山門の前では必ず 帽子をとること、敷居は跨いで通ることです。 仏様に対してのマナーですので気を付けてください。 手水舎で清める 境内に入ったら、手水舎(ちょうずや)で手と口を清めます。 手水舎での柄杓の使い方にも、きちんとした手順があります。 以下の順番を覚えておきましょう。 柄杓を右手に持ち水をすくい、左手に水をかけて清める。 柄杓を左手に持ち替え、右手に水をかけて清める。 再び柄杓を右手で持ち、左手で水を受けて、その水で口をすすぐ。 すすいだ水は、飲みこまずに吐き出す。 もう一度、左手に水をかけて清める。 持っている柄杓を立て、残った水で柄杓の柄を清める。 手水舎では、この一連を 柄杓一杯の水で行います。 「水を無駄にすることなく清める」との意味もありますので、途中で水を継ぎ足さなくて済むよう注意します。 常香炉があればまた清める 手水舎で手と口のお清めを終えた後は、本殿に進みます。 お寺によっては本殿の前に常香炉が置かれていて、その 煙で今度は体を清めることができます。 境内は仏様のいらっしゃる場なので、念入りにお清めをします。 また、体に具合の悪い所があれば、そこに常香炉の煙をあてると良くなるとも言われています。 お線香をあげる 次に、仏様にお線香を差し上げます。 お寺によって、お線香用のマッチを用意しているところもあれば、あらかじめお線香のための火を灯してくれているお寺もあります。 ただし、ここで注意したいことが二つあります。 一つ目の注意点は、お線香の火は「ふうっ」と口で吹いて消さない、ということです。 仏教では、人の息は穢れを含んでいると考えられていますので、 お線香の火は手であおいで消すようにします。 二つ目の注意点は、他の参拝者からの火を受けない、ということです。 「このろうそくから火をもらおう」と、他の参拝者が灯した火を使うと、その人の業をすべて引き受けてしてしまう、と言われています。 本尊でお金を納める お線香を差し上げたなら、お賽銭を入れます。 お賽銭の金額には、何も決まりはありません。 ご自分の心に沿う金額を静かにお賽銭箱に入れます。 大きな音を立てたり投げ入れたりするのは仏様に失礼となります。 お祈りをしてお経を読む お賽銭を入れた後は軽く一礼をし、手を合わせます。 仏教では右手が仏様、左手が自分自身を表すとされています。 参拝は仏様と一体化することができる、貴重な機会なのです。 手を合わせて静かな気持ちで、仏様にお祈りをします。 また、参拝したお寺の宗派のお経をご存知の場合、この時にお経を唱えます。 お寺によってはお経の書かれた紙を貼っているところもありますので、それを見ながら唱えても仏様に対して丁寧な参拝となります。 最後に一礼 仏様へのお祈りが終われば、もう一度一礼します。 ご縁をいただいて無事に参拝できたことへの 感謝の一礼です。 拍手はNG ここまでのお寺でのお参りの流れを見て、拍手は打たなくていいのかと思われた方もおられるのではないでしょうか。 確かに神社では、お祈りの際に二礼二拍手一礼をするのが礼儀となっています。 しかし それは神社の神様に対してのマナーです。 寺院は仏様にお祈りをする場ですので、拍手は必要ありません。 御朱印をもらう 御朱印をもらうのも、昨今のブームになっています。 そのお寺ならではの手書きの御朱印は参拝の大切な思い出になりますね。 ただし御朱印をいただくのは、一通り参拝を終えてからです。 御朱印は、きちんと 参拝を終えたことの証明でもあります。 仏様にお祈りもせず、いきなり御朱印だけをもらうのは本末転倒となります。 また、御朱印はありがたいものですので、きちんとした御朱印帳を用意したいものです。 ただ、お寺によってはあらかじめ御朱印所に御朱印帳を預けてから参拝をし、帰りにそれをいただいて帰るところもあります。 事前に御朱印をもらう方法を確認しておきましょう。 参拝時の服装マナー それでは次に、お寺を参拝する時の服装について考えてみましょう。 法事や法要の時とは違い、お寺を参拝する際の服装には、 厳しい決まりはありません。 しかし、お寺は仏様のおられる聖域です。 そのことを考えると、あまりにだらしない格好や露出の多い格好はふさわしくないこととなります。 よれよれのTシャツや着古したジャージ、ミニスカートや肩の露出した服なども避けた方が無難です。 お寺を参拝する時の服装で、もう一つ注意したいのは、殺生を連想させるものはタブーだということです。 毛皮のコートや襟巻、レザーのジャケットや革製品のアクセサリーなど、何気なく身に付けていることが多いので参拝の時には気を付けましょう。 数珠は付けた方がいい? お寺と数珠は結び付きやすいものですが、参拝は法事や法要とは違います。 また、特定の宗派を信仰している場合は参拝にも数珠は必要ですが、普通にお寺にお参りする時には、 数珠は付けなくて大丈夫です。 お寺を参拝するタイミング 最後に、 お寺を参拝するタイミングについて確認をします。 お寺を参拝するのに、望ましい日時はあるのでしょうか? また、避けた方が良い日があるのでしょうか? それぞれ確認していきます。 参拝をする時間帯 お寺を参拝する時間帯は、早朝や午前中が望ましいとお聞きになったことはありませんか? 確かに、朝は参拝する人も少なく、落ち着いて仏様と向き合うことができます。 また、朝の光を浴びつつ歩く参道は、神聖な雰囲気に包まれます。 しかし実際はお寺を参拝する時間帯に決まりはなく、 いつお参りをしても大丈夫なのです。 ただし、お寺によっては、決まった時間に山門を閉じるところがあります。 参拝できる時間帯をあらかじめ確認しておくことが大切です。 六曜は関係がない 大安や仏滅などの六曜で「日の良し悪し」を見ることは、私たちの日常ではよくあることです。 しかしお寺への参拝については、六曜を気にする必要はありません。 六曜は中国発祥の、占いのひとつです。 仏教の仏様がおられる お寺とは関係のないことなのです。 生理時にも参拝していいの? お寺を参拝するタイミングとして、女性は生理中の参拝も良いのかどうか気になるところです。 「生理の時は神社の鳥居をくぐってはならない」と言われていたりもします。 しかし神社への参拝とは違い、お寺にお参りするということは、仏教の仏様への参拝です。 仏教では生理を穢れとする考え方はないので、 生理時のお寺への参拝は大丈夫です。 お寺の参拝方法についてまとめ• 参詣と参拝は意味が違う。 参詣は神社仏閣を単に訪れること。 参拝は神仏に手を合わせてお参りをすること。 お寺の参拝には、強い決まりごとはないが、正しい手順がある。 まず、山門では帽子を脱いで一礼し、敷居を踏まないようにして境内に入る。 手水舎では手順に従って手と口を清め、常香炉があれば煙で体を清める。 お線香をあげる時は、火は手であおいで消し、他人の火はもらわないよう注意する。 本殿では静かにお賽銭を納め、手を合わせてお祈りをする。 お経を唱えれば、より丁寧な参拝となる。 最後に一礼をするのを忘れない。 お寺の参拝では、拍手は打たない。 御朱印は参拝を終えてからもらう。 ただし、お寺によっては先に御朱印帳を預けてから参拝するところもあるので、あらかじめ確認しておく。 お寺を参拝する時の服装は特に決まったものはないが、だらしない格好や露出の多い服は避ける。 また殺生を連想させる、毛皮や革製品のアクセサリーなども付けないように気を付ける。 お寺を参拝する際、特定の宗派を信仰している場合には数珠は必要だが、普通に参拝するのなら数珠は必要ない。 お寺を参拝するのに、お参りの時間帯は特に決まりがない。 ただし、参拝時間が定められている寺院もあるため、確認をしておく。 また、大安や仏滅などの六曜も関係なく参拝できる。 お寺は生理時に参拝しても良い。 お寺は仏様のおられる、神聖な場所です。 手順通りに手を合わせて参拝をすることで、日常から切り離され、静かに心を落ち着ける効果もあるかと思います。 今回の「終活ねっと」の記事が、そのお役に立てれば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 「終活ねっと」では、終活に関する様々な記事を掲載しています。 御朱印に関して詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

初詣など神社やお寺の参拝(お参り)の仕方!作法の手順や理由とおみくじの取扱

お寺 お参り の 仕方

それでは、お寺で参拝をする時に正しい作法というものはあるのでしょうか? 参拝は、仏様を敬いお参りをさせていただくという気持ちが一番大切なので、「こうしなくては叱られる」という強い決まりごとはありません。 しかし、お寺を参拝する際に仏様に失礼があってはなりません。 参拝についての基本的な手順や作法は、きちんと知っておきたいものです。 ここからは具体的に順を追って、 参拝の仕方の基本と注意事項を詳しくご紹介します。 参拝方法を順を追ってご紹介 では最初に、 寺院での参拝方法を順番にご説明します。 注意しておきたい点もいくつかありますので、気を付けてください。 実際にお寺を訪ねる、時の様子を思い浮かべながらお読みください。 山門で一礼 まず、お寺の玄関口にあたるのが山門です。 この山門からは仏様の世界となるため、心を鎮めて一礼してから山門をくぐります。 注意したいのは、山門の前では必ず 帽子をとること、敷居は跨いで通ることです。 仏様に対してのマナーですので気を付けてください。 手水舎で清める 境内に入ったら、手水舎(ちょうずや)で手と口を清めます。 手水舎での柄杓の使い方にも、きちんとした手順があります。 以下の順番を覚えておきましょう。 柄杓を右手に持ち水をすくい、左手に水をかけて清める。 柄杓を左手に持ち替え、右手に水をかけて清める。 再び柄杓を右手で持ち、左手で水を受けて、その水で口をすすぐ。 すすいだ水は、飲みこまずに吐き出す。 もう一度、左手に水をかけて清める。 持っている柄杓を立て、残った水で柄杓の柄を清める。 手水舎では、この一連を 柄杓一杯の水で行います。 「水を無駄にすることなく清める」との意味もありますので、途中で水を継ぎ足さなくて済むよう注意します。 常香炉があればまた清める 手水舎で手と口のお清めを終えた後は、本殿に進みます。 お寺によっては本殿の前に常香炉が置かれていて、その 煙で今度は体を清めることができます。 境内は仏様のいらっしゃる場なので、念入りにお清めをします。 また、体に具合の悪い所があれば、そこに常香炉の煙をあてると良くなるとも言われています。 お線香をあげる 次に、仏様にお線香を差し上げます。 お寺によって、お線香用のマッチを用意しているところもあれば、あらかじめお線香のための火を灯してくれているお寺もあります。 ただし、ここで注意したいことが二つあります。 一つ目の注意点は、お線香の火は「ふうっ」と口で吹いて消さない、ということです。 仏教では、人の息は穢れを含んでいると考えられていますので、 お線香の火は手であおいで消すようにします。 二つ目の注意点は、他の参拝者からの火を受けない、ということです。 「このろうそくから火をもらおう」と、他の参拝者が灯した火を使うと、その人の業をすべて引き受けてしてしまう、と言われています。 本尊でお金を納める お線香を差し上げたなら、お賽銭を入れます。 お賽銭の金額には、何も決まりはありません。 ご自分の心に沿う金額を静かにお賽銭箱に入れます。 大きな音を立てたり投げ入れたりするのは仏様に失礼となります。 お祈りをしてお経を読む お賽銭を入れた後は軽く一礼をし、手を合わせます。 仏教では右手が仏様、左手が自分自身を表すとされています。 参拝は仏様と一体化することができる、貴重な機会なのです。 手を合わせて静かな気持ちで、仏様にお祈りをします。 また、参拝したお寺の宗派のお経をご存知の場合、この時にお経を唱えます。 お寺によってはお経の書かれた紙を貼っているところもありますので、それを見ながら唱えても仏様に対して丁寧な参拝となります。 最後に一礼 仏様へのお祈りが終われば、もう一度一礼します。 ご縁をいただいて無事に参拝できたことへの 感謝の一礼です。 拍手はNG ここまでのお寺でのお参りの流れを見て、拍手は打たなくていいのかと思われた方もおられるのではないでしょうか。 確かに神社では、お祈りの際に二礼二拍手一礼をするのが礼儀となっています。 しかし それは神社の神様に対してのマナーです。 寺院は仏様にお祈りをする場ですので、拍手は必要ありません。 御朱印をもらう 御朱印をもらうのも、昨今のブームになっています。 そのお寺ならではの手書きの御朱印は参拝の大切な思い出になりますね。 ただし御朱印をいただくのは、一通り参拝を終えてからです。 御朱印は、きちんと 参拝を終えたことの証明でもあります。 仏様にお祈りもせず、いきなり御朱印だけをもらうのは本末転倒となります。 また、御朱印はありがたいものですので、きちんとした御朱印帳を用意したいものです。 ただ、お寺によってはあらかじめ御朱印所に御朱印帳を預けてから参拝をし、帰りにそれをいただいて帰るところもあります。 事前に御朱印をもらう方法を確認しておきましょう。 参拝時の服装マナー それでは次に、お寺を参拝する時の服装について考えてみましょう。 法事や法要の時とは違い、お寺を参拝する際の服装には、 厳しい決まりはありません。 しかし、お寺は仏様のおられる聖域です。 そのことを考えると、あまりにだらしない格好や露出の多い格好はふさわしくないこととなります。 よれよれのTシャツや着古したジャージ、ミニスカートや肩の露出した服なども避けた方が無難です。 お寺を参拝する時の服装で、もう一つ注意したいのは、殺生を連想させるものはタブーだということです。 毛皮のコートや襟巻、レザーのジャケットや革製品のアクセサリーなど、何気なく身に付けていることが多いので参拝の時には気を付けましょう。 数珠は付けた方がいい? お寺と数珠は結び付きやすいものですが、参拝は法事や法要とは違います。 また、特定の宗派を信仰している場合は参拝にも数珠は必要ですが、普通にお寺にお参りする時には、 数珠は付けなくて大丈夫です。 お寺を参拝するタイミング 最後に、 お寺を参拝するタイミングについて確認をします。 お寺を参拝するのに、望ましい日時はあるのでしょうか? また、避けた方が良い日があるのでしょうか? それぞれ確認していきます。 参拝をする時間帯 お寺を参拝する時間帯は、早朝や午前中が望ましいとお聞きになったことはありませんか? 確かに、朝は参拝する人も少なく、落ち着いて仏様と向き合うことができます。 また、朝の光を浴びつつ歩く参道は、神聖な雰囲気に包まれます。 しかし実際はお寺を参拝する時間帯に決まりはなく、 いつお参りをしても大丈夫なのです。 ただし、お寺によっては、決まった時間に山門を閉じるところがあります。 参拝できる時間帯をあらかじめ確認しておくことが大切です。 六曜は関係がない 大安や仏滅などの六曜で「日の良し悪し」を見ることは、私たちの日常ではよくあることです。 しかしお寺への参拝については、六曜を気にする必要はありません。 六曜は中国発祥の、占いのひとつです。 仏教の仏様がおられる お寺とは関係のないことなのです。 生理時にも参拝していいの? お寺を参拝するタイミングとして、女性は生理中の参拝も良いのかどうか気になるところです。 「生理の時は神社の鳥居をくぐってはならない」と言われていたりもします。 しかし神社への参拝とは違い、お寺にお参りするということは、仏教の仏様への参拝です。 仏教では生理を穢れとする考え方はないので、 生理時のお寺への参拝は大丈夫です。 お寺の参拝方法についてまとめ• 参詣と参拝は意味が違う。 参詣は神社仏閣を単に訪れること。 参拝は神仏に手を合わせてお参りをすること。 お寺の参拝には、強い決まりごとはないが、正しい手順がある。 まず、山門では帽子を脱いで一礼し、敷居を踏まないようにして境内に入る。 手水舎では手順に従って手と口を清め、常香炉があれば煙で体を清める。 お線香をあげる時は、火は手であおいで消し、他人の火はもらわないよう注意する。 本殿では静かにお賽銭を納め、手を合わせてお祈りをする。 お経を唱えれば、より丁寧な参拝となる。 最後に一礼をするのを忘れない。 お寺の参拝では、拍手は打たない。 御朱印は参拝を終えてからもらう。 ただし、お寺によっては先に御朱印帳を預けてから参拝するところもあるので、あらかじめ確認しておく。 お寺を参拝する時の服装は特に決まったものはないが、だらしない格好や露出の多い服は避ける。 また殺生を連想させる、毛皮や革製品のアクセサリーなども付けないように気を付ける。 お寺を参拝する際、特定の宗派を信仰している場合には数珠は必要だが、普通に参拝するのなら数珠は必要ない。 お寺を参拝するのに、お参りの時間帯は特に決まりがない。 ただし、参拝時間が定められている寺院もあるため、確認をしておく。 また、大安や仏滅などの六曜も関係なく参拝できる。 お寺は生理時に参拝しても良い。 お寺は仏様のおられる、神聖な場所です。 手順通りに手を合わせて参拝をすることで、日常から切り離され、静かに心を落ち着ける効果もあるかと思います。 今回の「終活ねっと」の記事が、そのお役に立てれば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 「終活ねっと」では、終活に関する様々な記事を掲載しています。 御朱印に関して詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

お寺参りの意味とは?お寺参りとは何か、解説いたします|終活ねっとのお坊さん

お寺 お参り の 仕方

私達日本人はお正月の初詣やお宮参り、七五三や厄払いの時など、日常でも旅先などでもお参りへ行くという方が多いと思います。 特に、特定の宗教を信仰していない方にとっては神社やお寺のどちらにお参りに行くかは、こだわらないという方が多いのではないでしょうか。 しかし、ただただむやみにお参りに行ってもご利益があるとは限りません。 ここでは神社とお寺のお参りの仕方や作法をご紹介して、正しい参拝の仕方をご紹介したいと思います。 少しでも感謝の気持ちが伝わるような参拝の仕方を確認していただければと思います。 参拝とは? 参拝とは、神社や寺院、お墓参りや教会等の宗教的な施設を訪れて神仏や故人、ご先祖様を拝んだりお祈りすることをいいます。 同様の言葉に参詣(さんけい)という言葉がありますが、参拝が拝むことを目的とすると参詣は寺社へ行く事に重点がおかれます。 寺社に参拝するためにはそこへ行くことになるので、一般的には同等の意味を持つ同義語とみなされています。 現在では寺社への参拝は「日々の幸福に対する感謝」や「願い事」、「家内安全」や「商売繁盛」などの祈願をするために行くことが一般的になっています。 神社とお寺の違いは? 神社とお寺にはどの様な違いがあるか聞かれたときに、何が違うか少々あいまいとなっている方も多いのではないでしょうか。 鳥居とは、神社の入り口に立てて神域(神社の境内または神が宿る場所)と人間が住む俗世界との境界を表す門の役割をし、神社の境内への出入り口となっています。 基本的には2本の柱と2本の横木で構成されています。 神社とお寺のお参りの仕方 お参りの仕方も実は神社とお寺では作法が違います。 神社では良くてもお寺ではタブーな事などがありますので、間違ったお参りの仕方で、せっかく参拝に行っても神様や仏様に思いが届かないなどという事が無いように、しっかりと作法をマスターしてご利益が受けられるようなお参りをしていただければと思います。 まずは入る前に鳥居の前で身だしなみを整えて 鳥居の前で一礼 します。 【手水舎での作法】• 右手に柄杓を持って水を汲み、左手を清める• 柄杓を左手に持ち替え、今度は右手を清める• 右手に持ち替え、左手に水をためて口をすすぐ• 口のついた左手に水をかけ清める• 軽く会釈をしてから鈴を鳴らし、賽銭箱に賽銭入れます。 賽銭の金額は特に決まりはないとされています。 そして、二拝二拍手一拝または二礼二拍手一礼の順で参拝します。 「礼」は神様に敬意を払うため、腰を30度~90度に曲げてお辞儀、「拍」では右手の指が少しだけ前に出るようにして胸の前で手のひらを打ち鳴らします。 身だしなみを整え、 山門の前で本尊に向かって一礼します。 蝋燭と線香を購入し、火をつけて燭台と香炉にそれぞれ捧げます。 鰐口(わにぐち)などがあれば鳴らし、賽銭を納め、そのあと、姿勢を正して合掌し、一礼します。 神社の場合とは異なり、 拍手は行いません。 最後に一礼して本堂をさがります。 神社とお寺をいくつも参拝している方は、何度も参拝に行くうちに神社とお寺の参拝の仕方があやふやになってしまう事がありますが、お寺では決して手を打たないということを忘れないように、しっかり覚えておきましょう。 お寺だけでなく、民家でも敷居はその家の顔と昔の人は言い、敷居を踏むという事は、その家の主の頭を踏むようなものだから絶対にしてはいけない、という立ち振る舞いを教えていました。 そして、山門は外の世界とうちの世界(異世界)の境界線ですので敷居を踏んでその世界に足を踏み入れてはいけないなどといい伝えられています。 最後に 私も神社とお寺には子供のころからよく行っていましたが、作法をしっかりとしてお参りをするとなぜかギスギスしていた心が安らぎ、余裕のようなものが出てくる気がしていました。 皆さんもこれからはただお参りするのではなく、正しい参拝の仕方を参考にしご利益が授かれるような参拝をしていただければと思います。

次の